ホームページ制作・保守・管理は、ホームページ屋.net にお任せ下さい!

sign-2.png

ホームページ屋.net は! 店舗への思いをホームページの形にします。インターネットが分からない方のための会社です。


今や、ホームページの所有は常識となってきています。ホームページがないというだけで信頼すら失いかねない時代です。
集客、通信販売などビジネス上でも様々な使われ方をしているホームページですが、未だに「どうやってホームページを持ったらいいか、よくわからない」という担当者の方の声をよく耳にします。

sign-4.png
当社では、デザインと使いやすさを兼ね備えた「見やすい」「分かりやすい」「使いやすい」の3点を、ホームページ制作の主眼としており、ホームページを最大限に活用できるように永続的なサポートを行います。


sign-5.png
ホームページは作ることが目的ではありません。
滞在時間を増やし、離脱率を減らし、お問合せやコンバージョンがアップするホームページを制作いたします。

地域NO.1を目指し、積極的に情報を発信する時代です。

現在では、待っているだけではお客様は来店して頂けません。
積極的に情報を発信することで、多くのお客様に自分のお店の特徴を知ってもらい初めて来店して頂けるようになります。
また、ホームページを通じて各種情報公開をすることで、お客様が安心して来店して頂ける環境を整えることができ、密接な関係を築くことができます。
さらにホームページ上でお客様同士が集まる催しものの開催告知を行ったりと、活用方法は様々です

ホームページ制作のノウハウがあります。

当社には多くのお店ホームページ制作案件に携わってきた経験とノウハウがあります。
お店のホームページを制作するといっても、お店の立地条件(駅近、住宅街、郊外など)や経営規模(開業前、個人店舗、グループ店舗など)などによってお客様に対するアピールポイントは異なり、また作り方も変わってきます。
つまり、多くのお店ホームページ制作案件に携わってきたからこそ知っている、お客様にとって見やすいホームページ、 使いやすいホームページ、分かりやすいホームページ、お客様がどのようなキーワードで検索してくるのか、などを踏まえて お店様にご満足していただけるホームページをご提供しております。

ホームページを作ってからがスタートです

ホームページは制作して終わりではなく、制作した後にそのホームページをどのように成長させるかが重要です。
当社にとっても店主様にとってもホームページ制作後が本当のスタートなのです。
当社が制作したホームページによって、お店の新規顧客獲得・売上向上して初めて成功となります。
当社では様々な技術や手法を用いて貢献いたします。

ホームページを新規にご検討されている店主様へ

従来、お客様がお店を選ぶ時は、口コミや、近所に住んでいる、タウンページで探す、チラシなどの広告が主流でした。
2009年1月時点で日本のインターネット人口9,000万人を超えた今、お客様のお店選びもインターネットが主流となりました。
お客様は事前にYahoo! JAPANやGoogleなどの検索エンジンで「イタリアン+地域名」「虫歯治療+地域名」などのキーワードで検索し、検索された中で自分に合ったお店選びをしています。
この時にホームページも持っていないお店は土俵にすら上がることはできません。
現在では、「お店のホームページ=店舗の顔」となっており、新規顧客獲得のためには欠かせないものとなっています。

1. ホームページを作ったけど、何もしていない

ホームページは作って終わりではありません。定期的に情報を更新し、ページを追加して徐々に作り上げていきます。
お客様が知りたい情報などお客様に見られるホームページに常に作り変えていく必要があります

2. ホームページの見た目が悪く、見にくい

ホームページの色味やレイアウトなどを変更することで、今よりもホームページを訪れたお客様に安心感・信頼感を与え、見やすさを演出します。

3. ホームページビルダーで制作している

今でもよく見かけますが、ホームページを知り合いの方に制作してもらったケースで、なかなか更新してくれない、連絡が取れない、知識やノウハウがないため上手く伝わらないなど、様々な不満な声を多く聞きます。

4. キーワード検索してもホームページが見当たらない

せっかくホームページを制作しても、検索エンジンにヒットして見られなければまったく意味がありません。
「イタリアン+地域名」「虫歯治療+地域名」などSEO対策をしっかりと行いましょう。
少しでも現在お使いのホームページにご不満がありましたら、是非当社にご相談ください。
お客様のホームページを無料にて診断し、改善策をご提案させていただきます。
ホームページのリニューアルは、検討段階から制作まで具体的な方向性を決め、対策に取り組みことが重要です。